ダンスカンパニー ケーズライン
幼児ダンス キッズダンス キッズJAZZ ジュニア小学生 ダンススクール  名古屋 八田 長久手 日進 赤池 東郷 みよし
ケーズラインの想い こどもの可能性を信じて。

★こどもの可能性は無限大です。

満面の笑顔で笑ってほしい。

こんにちは、ケーズライン代表の真沙希です。 私は10代からダンスインストラクターを始め、今では、妻となり二児の母となり、そして代表インストラクターを勤めさせて頂いております。(あ、何年やっているかはヒミツです。) 結婚前の私は、バリバリのイケイケのゴリゴリのインストラクターでやってきました。 (ちょっと勢いが有り余ってやり過ぎた気もしますが。)

ケーズラインを立ち上げ、二児の母になって分かった事。 子供への親の愛情。期待と不安、そして子供の可能性の大きさでした。 20代では、ただダンスの技術を教えるレッスンをしていた私にとって、母となった事は大きな転機でした。 ★必要なのはテクニックよりも環境と想像力。
 子供にとって大切なのは、突き詰めたテクニックのレッスンではなく、特に幼少期の子供にとっては自分が受け入れてもらえている環境のなかで、おもいっきり表現ができる事。 子供は受け入れてもらえているとわかれば少しのヒントを与えるだけで、どこまでも想像力を広げていきます。 小学中学年頃から羞恥心がうまれます。表現する事を恥ずかしがるようになります。 その時期までに身体を動かして表現する事や、みんなの前で表現するを覚える事ができると、大人としての思考と表現力を上手くバランスをとってアウトプットできる様になります。 この幼少期につける表現力と協調の能力は、ダンスだけに特化した物ではなくて、社会生活でも同じ事が言えるそうです。(もじゃもじゃ頭の脳科学者さんの言葉をお借りしました。) ★ジャンルに拘るのは大人。子供は自由! 自分自身、我が子の成長をみていて幼少期の子供にとっては、ダンスのジャンルなんて関係ない事もよくわかりました。 2才〜低学年のクラスでは、まずは自分を受け入れくれる環境があって、リズムに合わせて身体が動かせる楽しさを知ってもらう事。 そして、大切だと思っているのは、お友達の中で一緒に踊るためのルールを覚えて社会経験をすることです。 好き勝手にやっていい訳ではないので、メリハリと基本的な「あいさつ」「お礼の言葉」も身につけてほしいのです。 なので、時には叱る事もあります(若き日の勢いが…汗) それが出きれば、あとは自分の好きなジャンルのダンスに進めば良いのです。 ★ステップアップ ケーズラインでは、幼児さんクラスでJazzダンスやチアダンス、ヒップホップなどを織り交ぜたリズムダンス中心のスタートクラス。 その後、専門分野にわけたJazzクラス、HIPHOPクラス、ブレイキングクラスを選択してステップを踏んできます。 母親としては、まだまだ日々勉強中ですが、20年の間にレッスンをしてきた1000人以上の子供達と母として実感している我が子への思いと経験が、皆様のお役に立てる事ができれば嬉しく思います。
 ★お気軽に無料体験レッスン。 お子さんがクラスに馴染めるか、インストラクターはどんな人なの?
ドキドキする事も多いと思いますが、お気軽にお問い合せください。

 Copyright 2018 K'S LINE. All Rights Reserved.